とりそぼろレシピ集

かしわごはん

そぼろ親子丼

そぼろビビンバ丼

そぼろリゾット

そぼろ茶漬け

かしわうどん

美味しいかしわごはんがあっという間にできます☆

かしわごはん

2合分

材料 ★とりそぼろ 大さじ4杯
〇ささがきごぼう 1袋
〇白だし 大さじ 1杯
〇酒 大さじ2杯
○米 2合
〇水 カップ2杯(2合炊く分量と同じでok)

作り方 ①いつも炊く通りにお米を準備する。(洗って水を入れる)
②そこに、ごぼう、そぼろ、白だし、酒をいれたら炊飯器にセットして炊飯する。
③炊き上がったら混ぜ合わせて出来上がり。

そぼろとごぼうの風味が最高に合います。
冷めても美味しいのでおにぎりにしてお弁当にもどうぞ。

夜食や遅く帰った日に優しい味の親子丼はいかがですか?

そぼろ親子丼

1人分・10分

材料 ★とりそぼろ 大さじ2杯
〇玉ねぎ 8分の1個
〇卵 2個
〇めんつゆ 大さじ2杯
○水 80cc
〇ご飯 お茶碗1杯

飾りに三つ葉や貝割れなどお好みで。

作り方 ①小鍋に水とめんつゆを入れ、スライスした玉ねぎを入れて煮る。
②玉ねぎが煮えたらそぼろを入れて軽く混ぜ合わせ、溶いた卵を流し入れて半熟で火を止める。
③丼にご飯を入れ②をかけたら出来上がり。

とろとろ半熟卵にそぼろと玉ねぎの甘さで優しい親子丼が食べられます。

キムチと一緒に豪快に食べましょう♪

そぼろビビンバ丼

1人分・15分

材料 ★とりそぼろ 大さじ2杯
〇キムチ 適量
〇小松菜(ほうれん草やチンゲン菜など)1株
〇卵 1個
○ごま 少々
○ごま油 小さじ1杯
○ガラスープの素 ひとつまみ
〇ご飯 お茶碗1杯

作り方 ①小松菜をさっと茹でて絞り、食べやすい大きさに切ったら、ガラスープの素、ごま油、ごまを入れてあえておく(小松菜のナムル完成)
②卵は温泉卵や、生卵の黄身だけ、目玉焼きなど好きな料理法で準備する
③丼にご飯を入れ、キムチ、小松菜のナムル、そぼろをのせ、真ん中に卵を置いたら出来上がり。

そぼろの甘じょっぱい味がキムチの辛さとマッチ。卵をくずしながら混ぜ混ぜして豪快に食べてほしいです☆

チーズと豆乳で優しい味のリゾットです。お酒の〆にちょこっとリゾット☆いかがですか?

そぼろリゾット

2人分・15分

材料 ★とりそぼろ 大さじ2杯
○椎茸 3個(しめじやエリンギでもok)
〇調整豆乳 200cc
○水 100cc
〇チーズ(ピザ用)ひとつかみ分
○ご飯 茶碗1杯
○コンソメの素 1個
○塩 少々
○ブラックペッパー 少々
※刻んだパセリをのせると彩りがよくなります。

作り方 ①鍋に、スライスした椎茸、水、コンソメの素を入れて火をつける。
②沸騰してきたら豆乳とご飯を入れる。
③中火~弱火で5分ほど煮たらそぼろを入れて混ぜる。
④塩で味を調え、チーズを入れて鍋底が焦げないようによくまぜながらチーズを溶かす。
⑤チーズが溶けたらブラックペッパーを振りかけて火を止める。
⑥皿に盛り付けたら出来上がり。お好みでそぼろをトッピングしてください。

そぼろの風味とチーズ・豆乳のまろやかさがぴったりです。
優しい味でお腹も心も満足できる一品です。

お酒の〆や小腹がすいた時に、さらさらと食べられるお茶漬けは最高ですね☆

そぼろ茶漬け

1人分・5分

材料 ★とりそぼろ 大さじ2杯
○だし汁 適量
〇ご飯 お茶碗1杯
お好きな薬味いろいろ
〇海苔
○ネギ
○三つ葉や貝割れなど
○わさび

作り方 ①だし汁を準備する。(だしの素とお湯を合わせた簡単だし汁でok)
②ご飯を茶碗に入れたらそぼろをのせてだし汁をかけ、あとはお好みの薬味をのせたら出来上がり。

ひつまぶしのお茶漬けのように甘いそぼろと薬味がだし汁とうまくまとまって、ついつい食べ過ぎてしまうお茶漬けです。

そぼろのうま味がでたスープは全部飲み干してしまいますよ☆お昼ごはんにささっと1杯いかがですか?

かしわうどん

1人分・10分

材料 ★とりそぼろ 大さじ2杯(好きなだけ)
○うどん玉 1袋 
○うどんスープ 1人分
○きざみネギ 適量

うどんスープは白だしでも作れます。
(お使いの白だし容器に書いてある分量で)

作り方 ①うどんスープを温めておく。
②別鍋で茹でたうどんを丼に盛り、スープをつぐ。
③そぼろとネギを好きなだけのせたら出来上がり。

お好みで一味や七味をかけてくださいね。
うどんをそばにかえるだけのかしわそば。
これもまたオススメです。

うどんにそぼろをのせたかしわうどん。
シンプルだからこそ、そぼろのうま味がしっかり感じられます。