元祖塩からあげ物語

元祖塩からあげ物語

大分からあげの前身は日田市(旧日田郡)大山町の小さなスーパーです。
今から20年前、大手スーパーやコンビニにお客様を奪われ始め、
売り上げは年々下がり続けました。
もがけども、もがけども時代の波にのまれていく日々。
そんなどん底の中で、試行錯誤を繰り返し研究開発した商品こそが「塩からあげ」です。
おいしいからあげは口コミで評判になり、
スーパーの売上の3分の1を占める大ヒット商品となりました。
その「塩からあげ」を看板商品に、
平成14年日田市に「ポッポおじさんの大分からあげ1号店」をオープン。
共感の輪は少しずつ広がり、現在に至りました。
「いいもの」は苦境の中から生まれます。
昔も今も人気ナンバー1の「元祖塩からあげ」を是非ご賞味くださいませ。