先輩社員の声

大分からあげで働く、先輩たちの声を集めてみました!(クリックして展開)

取締役50代男性

入社10年目になります。3年前から当社で製造している商品を外部取引先(主に食品問屋や土産販売店、一般食品小売店など)に卸販売する部門、外販事業部の責任者としての職務にあたっています。
前職は外資系アパレル企業で約23年間営業部や商品部などで勤務していました。
そこは歴史ある大企業でしたので、すでに組織は硬直し、各部署や担当社員の役割は完全に固定化したものになっていました。
つまり、それぞれの担当者には決められた職責範囲と役割が縦割りに存在していて、まさに社員は組織の中のひとつの歯車としての機能のみを求められていました。逆を言えば、どんなに会社にとって良い意見や提言も領分を超えると全く受け入れられない、ということが何度もあり、それが日々の大きなストレスになっていました。
私はそのような中でも、出世をして立場が上がり、自分の裁量が大きくなればより面白い仕事ができるはず、と信じて仕事にまい進してきました。最後は営業部門の部長クラスまでの立場になりましたが、それでも、商品企画や販売促進などのマーケット部門にクライアントの要望をぶつけてみると、今度はその部署の担当役員からストップがかかることもあり、大企業で自分の意見を貫いて働く、ということに大きな限界を感じていました。
二十数年間勤務して出した結論は、このまま定年まで黙って自分を押し殺して指示されたことだけを粛々と行う歯車サラリーマンでいるか、思い切って外の世界に飛び出すかでした。数年間悩んだ結果、私は起業するか、又は小さな組織で、自分の裁量を最大限に活かした仕事に就くかを選択することにしました。それ以来いくつかの転職先をリサーチし、最終的に決めたのが当社でした。その際に選定の基準としたのが
・アパレル業界でなく、食品業界であること
・完成された組織でなく、まだまだ未成熟な組織規模の企業であること
・取り扱う製品に私自身が惚れ込めるものを作っている企業であること
ということでした。私には運の強さと、先見の明があったと思っています。就活開始後、数社目の面接で当社に出会うことができ、採用してもらうことができました。
それから数年間、店舗の運営、店長のスーパーバイザー職を経て現職に就きました。現在はひとつの事業部責任者としての責任の重さはもちろんありますが、それ以上に、自分で考え、計画を立て、行動し、その結果を数値で検証できる、やりがいを日々感じています
失敗やうまくいかないことは、今でも当然あります。しかし、自分で考え、計画を立てたことに関して、きちんと検証を行えば、その失敗は必ず次の成功へつながります。 今は日々、そのような姿勢で、当事業部を大きく飛躍させていくことが私の夢であり、ミッションとなっています。
“会社に対してよりも、自分の仕事にロイヤリティを持っている人”
これを読んでいるあなたが、そのような人であれば、ぜひ一緒に働いてみたいと思います。

取締役40代男性

入社当時、まだ店舗数は大分県内のみに11店舗、正社員は私を入れわずか8名ほどでした。
転職活動中の面接時に当社の社長より「サラリーマンではなく一緒に戦ってくれる仲間を必要としている」との言葉をもらいました。私が強く入社したいと感じた点でした。
縁を頂き入社しましたが、当時は、社内のあらゆる業務をこなさないといけない日々であり、朝早くから夜遅くまで、製造から物流、店舗運営等々様々な業務に携わりました。多くの経験を積むことが出来たと同時に、会社の成長を肌で感じることができたことは私の財産です。
現在は当時の苛烈さは改善され、大きく職場環境も整い皆が自身の望む仕事とプライベートとのバランスを取りながら日々新たな挑戦をしています。経営の勉強は、今も一緒にさせて頂いています。
私は6年前より福岡に移り県外事業(出店・運営)の担当をしています。この新たな挑戦も当時の社内には計画もなかったのですが、自ら手を挙げ任せてもらいました。
努力次第で自分が新たな部門を担当できる空席がある会社ですし、今後の成長を計画した取り組みをいくらでも自分自身で描き進めることができる魅力があります。
転職を考え「良い会社を探している」方は多いと思いますが私たちと一緒に発展途上の当社でチャンスを掴んで「良い会社を作りませんか?」

部長50代男性


これがわが社のスピリットです!
私はこの言葉にとても共鳴し、いつも心の真ん中において、目の前の仕事にチャレンジしてきました。
長く県外で働いでいましたが、年老いた親との同居のため、50代で大分に戻り当社に転職しました。
50代での再就職ということで不安もありましたが、企業理念のこの言葉で、覚悟が決まりました。
今までの経験と知識を活かし大分からあげで活躍する!仕事の総仕上げをする!新たな挑戦を後押ししてくれる言葉でした。
入社後研修期間を経て、店長、ブロック長、そして今は総務部の長として、全社の人事管理や財務の仕事をさせて頂いてます。
当社の組織は他にない特徴があります。一般的なピラミット型のヒエラルキーでなく、蜘蛛の巣のようなネットワーク型組織である点です。
ヒエラルキーに特徴的な上意下達の縦関係がほとんどありません。SNSを利用した社内ネットワークにより、画期的なチェーンオペレーションが確立されています。
いちパートさんの発信を社長がすべてに”同僚”として反応します。店長たちもフラットな関係でコメントします。
これは、私の今までのサラリーマン経験からは「奇跡」のような組織形態です。
あなたの声、提案が反映されるそんなオープンフィールドを持った会社。それが「大分からあげ』です。
あなたの人生が変わります!心の力がすべてを変える!

部長30代男性

入社して8年目になります。当時は何のスキルもなく飲食業界は未経験でした。そんな私も今は熊本事業部を担当させて頂いております。当社で働き「自分は何のために働きどうなりたいか?」と考えるようになりました。自分の人生をどうするかは、働く会社をどうしたいかと同一だと私は思います。人生は一生勉強と言いますが、まさにその通りで、ろくに勉強もしてこなかった私ですが、今はいろんな知識を身に付けなければならないと感じています。からあげを揚げるだけが仕事ではありません。会社からやらされていると感じているうちは自らの成長はないでしょう。しかし自発的で前向きな姿勢があれば当社は必ず評価してくれます年功序列もありません。大分を出て熊本事業の立ち上げて思うことは、当社はまだまだ伸びしろはあるという事です。会社の発展はこれから劇的に変わっていくでしょう!タイミングも良いと思います。同じ志を持ち、共に挑戦して行ける方を心よりお待ちしています。「心の力がすべてを変える」。

ブロック長50代女性

私は自宅から近い店舗にパートタイマーとして働き始めて7年目になります。
現在、2店舗店長(ブロック長)という立場で働いています。
ただ接客業がすき、唐揚げが好きで仕事をはじめましたが、仕事をしていくうちに、接客業へのやりがいを改めて感じました
例えば、1度来店されたお客様が次に来店されたときに「この前、買った時凄く美味しかったからまた買いに来た!」と笑顔でお話してくれることが、「もっと自分はできる!」というモチベーションに繋がり思いもしない立場にまでなりました。大分からあげで働いていて本当に良かったと感じます。
当社の社長は、売上などの業績数字をあまり気にしません。
それよりも、お店の雰囲気を気にしています。
それを当社では「ホーム・スイート・ショップ」といいます。
温かい我が家のようなお店をつくろう!という意味です。
私が今、店長をしているお店は、スタッフ同士の仲も良く家族みたいな雰囲気です。
それがお客様になんとなく伝わり、来店していただいた時、その温かさを感じて貰えるようなお店にすること! 全社で一番の「ホーム・スイート・ショップ」にするのが、私の目標です。

ブロック長50代女性

もう少しで丸9年目になります。今思えばあっという間でした。パートで入ってフルパートになり、社長のお声掛けもあり社員になり、今では店長として3店舗預からせて頂いています。社長は気さくな方で社員にも常に近い距離で接して下さり、社員同士はわからない事があれば助け合い、困った時には支えてくれる。まるで「ポッポ家」家族のような会社です。大分からあげには「ホーム・スイート・ショップ」というキャッチフレーズがあります。温かい我が家のようなお店をつくりましょう!という意味です。この言葉が私は大好きです。家で嫌なことがあっても、会社(お店)に着けば心を許せる仲間がいる。そして常連のお客様とは親戚のようなお付き合いができている。私の担当店はそんなお店です。新しい家族大歓迎です!一緒に大きく羽ばたきましょう!よろしくポッポ~~~。

ブロック長40代男性

大分からあげは、常に変化し続けている会社です。1つの企画が終わった時には「来年へのレター」を残し、翌年、より良い施策を成功させるための糧とします。 この習慣は大分からあげの強みの1つだと思います。仕事の結果を反省し、次は、どうしたらより良い成果を得るかを全社員で考える。しかも、社員間の人間関係は非常によく、派閥もなく、困ったときは助け合う、同志ともいえる状態です。
店舗も大分県のみならず、福岡県、熊本県に広がる中、私たち正社員は、社内LAN上に仮想会議室を設けています。日々の連絡事項のみならず、自身の気づきや提案を行ない全社共有を行っています。
また、自店で作成した資料を全店に横展開したり、レポートやクレームの共有、分析もデイリーで行っています。
以前は、リアル店長会議がありましたが、このシステムを構築してからは、ほぼ会議が不要になってきました
情報交換をタイムリーに行うことができ、チェーンストアマネージメントは実によく機能しています。さらには、この仮想会議での発言は、自身の評価にもつながります。入社にて5年ですが、私はこの仮想会議での仕事を評価されたこともあり、さらに責任あるポジションを任されるようになってきています。日々新しい仕事、楽しい仲間に囲まれ、充実した生活を送っています。変化を好み、仕事で自分を高めたい!と考える方にとっては、うちの会社は、理想的なフィールドだと思います。

ブロック長40代男性

社会はとんでもないスピードで変化しています。変化に対応できるものが生き残れます。私もそのひとりです。頭はよくありませんが、元気と変わり身の早さには自信があります。
大分からあげは、社員の教育に力を入れています。私は本を読むのが苦手で読み始めたら10分で眠くなります。そんな私の自己学習(毎月1回自己学習ノートを社長に提出し、A~Cの評価がされます)の方法は、カンブリア宮殿などのビジネス番組を見ることです。ノートを付けながら見るのですが、もう何年も見つづけています。だから村上龍さんは私の先生です。この自己学習が私の成長になり、多分(?)会社の成長にもつながっています。(・・・ということにしてください。)話は変わりますが、私は社内恋愛で結婚しました。私にはもったいないくらいの妻で、子どもでき、二人ともかわいくて仕方がありません。私の宝物です。休日も十分に取れますので愛する家族との時間も心配ありません。充実の人生です。大分からあげで、こんな私のようなハッピーな人生にしませんか?

ブロック長30代男性

東京で働いていた自分が福岡に帰ってきて、家の近くで仕事を探して見つけたのが大分からあげでした。短時間のバイトで働き始めた自分がまさか店長になれるとは思ってもみませんでした。すべては、私を高く評価してくれた上司、会社との出会いがあったからです。給与もあっという間に上がっていきました。
その評価がとてもユニークです。業績はほんの一部で、自己学習の状況や会議での発言や提案の内容、さらには担当店スタッフのSNS発信数などがその対象です。
さらに驚くことには、お休みの消化も評価になります。大分からあげに就職して本当に良かったと思えます。ご縁に感謝して日々仕事に励んでいます。頑張る人にはチャンスをくれるアットホームな会社です。

ブロック長20代男性

入社式に遅刻をしてしまい、マイナスからのスタートとなった私ですが今ではブロック長を任されるようになりました。就職後に結婚もでき、気づけば2人の女の子のパパです。体重も10キロ以上増しました(笑)
最初のころは失敗ばかりでしたが、周りの先輩社員の方に助けてもらいながら1歩ずつ歩んで来れています。
もちろん今では失敗はない、とは言い切れませんが共に働く仲間たちのフォローや逆にフォローを返してあげたりと、とても良い環境で働けています。
最近は、店長業務と並行して、商品開発の仕事を任されるようになりました。
当社の商品は、90%以上が自社開発の商品です。残りの10%、お弁当のサイドメニューなどがそうですが、これを100%自社ブランド(手作り商品)にしようとしており、その開発に今携わっています。当社の強みは何といっても商品開発です。
そのキャッチフレーズは「・・・だからおいしい。からだにやさしい」です。そんな大事な業務に関われてとてもうれしく思います。
日々、学ぶべきことがあり、挑戦もさせてもらえ、充実しています。目標に向かい進んでいける職場です。

店長50代女性

私は入社して5年になりました。
結婚を機に大分へ住みだしましたが、子育ても一段落したあるころ、ママ友から「大分からあげが今度オープンするらしいから、暇なら働いてみたら?」と声をかけられました。
結婚して14年、今更自分が働けるのか、出来るのか、中途半端で辞めるのは嫌だし、働くか働かないかを1か月近く悩みました。そして勇気を出して応募しました。
そんな私も振り返れば、5年生になり、店長の仕事に就いています。
それはお店の雰囲気や、会社の空気が良かったからだと思います。
大分からあげは、学びの文化のある会社です。仕事をしながらだと、どうしても勉強とは疎遠になっていきます。
社長は私たち社員に「毎日15分間勉強をする習慣をつけなさい。ご飯を食べ身体に栄養を入れるように教養という栄養を毎日摂りなさい。」とよく言います。私たち正社員は毎月、自己学習ノートを社長に提出します。
これは個人の評価対象にもなります。すごい制度です。この仕組みがあるから、怠けずに勉強することが出来ています。
毎日、毎月の継続で、50代の私ですが、多くの知識を得ることが出来、成長を実感しています。
有給休暇もとりやすく、スタッフの労働環境も常に会社は見てくれています。働きやすい職場だと思います。

店長40代女性

私は大分からあげで働き始めて7年目になります。初めはパートとして入社し、お給料だけもらえたらいいというような考えでした。しかし、信頼できる上司や仲間に出会えて、仕事に対する意識がかわりました。今までの仕事の中で「仕事が楽しい!」と思えたのは、大分からあげが初めてでした。今では正社員になり、店長を任されています。また兼務で商品開発にも携わり、とても充実した日々を送っています。自分が努力してきた分だけ返ってくるのでとてもやり甲斐があります。私はいち主婦ですが、家庭とのバランスを配慮いただき、無理なく働けています。主婦は仕事だけしているわけにいきませんよね。パート社員への有給休暇の取得にも当社は積極的です。正社員だけでなく、現場のスタッフさんにも、働きやすいやりがいのある職場だと思います。ぜひ、大分からあげで働いてみませんか?

店長30代女性

子どもの運動会や発表会をはじめとする学校行事にも対応できる、女性が働きやすい職場環境です。同世代の子どもをもつスタッフもいるため、「お互い様」という思いやりの気持ちを大切にしながら、子育ても仕事も充実した毎日を送ることができます。また、お店のポップや飾り付けなど、得意なことが活かせる職場でもあり、お客様に喜んでいただけることで、さらにやりがいを感じております。私は最初はパートで短時間からの勤務時間でしたが、働きを評価していただき、現在は店長をしながら子育て真っ最中の日々です。家庭を持つ女性が、仕事も私生活も両立できるよう、職場環境づくりに上司はとても気を配ってくれいます。学習機会も多く、仕事を通じ成長していきたいと思えるそんな会社です。人と接する事が好き、からあげが好きな楽しい仲間がたくさんいる職場です。

スペシャリスト50代男性

仕事、就職とはなんでしょう。その方の考え方によりけりでしょうが私はその職場に入るということは自分の人生を賭けるのと同じだと捉えています。もちろん縁があるかないかにもよりけりとは思いますが気構えといいますか就職するにあたっての私の思いは以上の通りです。
さて、私は大分からあげに採用させて頂き今年で14年目になります。
年月が過ぎるのは早いものだなと感慨に浸るのはまだ早いかもしれませんが夢中で過ごしていたらこんな年月になっていたかなと。私は優秀有能社員とは更々思っていませんので偉そうなことを言える立場ではないのですがその職場で働くならば人生賭けてやって頂きたいと思います。とにかく仕事には真剣に取り組んでみて欲しいですね。がむしゃらにやっていると何時しか自然と刮目するのではないでしょうか。的確適切な先輩からの言葉とは言えないでしょうが古株スタッフの一人として一言述べさせて頂きました。

スペシャリスト40代男性

持っているスキルをアピールしやすい環境で、そのスキルにあった仕事をやれるチャンスがあります。 その為には本来の業務をこなしつつ、自発的に提案をし、当初はマルチタスクで業務に当たらなければいけませんが、自身のポジションが確立すれば働きやすい環境です。私自身は入社当初は、製造部との掛け持ちでしたが、デザインナーのスキルを活かして広告デザインの業務をスペシャリストとしてやっています。各店長からのPOP要望など、日々の仕事量は多いいですが、計画を立ててスケジュール管理さえすれば、デザイン会社のように徹夜をすることはありません。休日もしっかりとれます。社長からはいつも「家族を大事にしなさい。早く帰りなさい。」と言われます。異業種からの転職で迷っている方も、なにかしらのスキルを持っている方も、その才能をアピールしてみてください。自分の才能を「活かせる」会社です。

メンバーログインはこちらから。